無料の電車時刻表検索サービスといえば ★infoseek乗換案内★
すぐに時刻表を調べたい方は「infoseek乗換案内」でGO!

Google

「駅すぱあと」(エキスパート)vs 無料路線検索−1


「駅すぱあと」(エキスパート)無料路線検索
独断と偏見による比較をしてみます。

無料」なだけにどれも一長一短がありますが
無料で充分!という方は適当に参考にしてみてください。


「駅すぱあと」(エキスパート)vs Yahoo!路線情報

普通に乗車駅−下車駅と出発/到着予定時刻がわかれば検索結果は得られます。

Yahoo!のユーザー向けらしくシンプルに出来上がっていますので
こまかいことにはこだわらない方にはオススメです。


「駅すぱあと」(エキスパート)vs goo路線

検索駅の履歴が残っているので同じ区間を何度も調べるのに便利。

乗り換え駅の電車時刻表も検索結果から調べられるので
万一ここで乗り遅れたら・・・・・・?という時のフォローもOK。

検索結果のページに、検索指定時刻を5分、10分などと前後させて
比較できるボタンがあるのも到着時刻を重視する方には重宝すると思います。


「駅すぱあと」(エキスパート)vs ODN路線検索

とてもシンプルな画面です。

実際の時刻の検索には対応していませんが
出発地から目的地までの経路や所要時間、料金を知りたいだけなら
ODN路線検索で事足ります。

「駅すぱあと」(エキスパート)ヴァル研究所が情報・技術を提供。

もっと詳しく知りたい方は「駅すぱあと」(エキスパート)買ってね
というヴァル研究所の声が聞こえそうです。


この中ではgoo路線が一番詳しく路線検索ができると思います。

「駅すぱあと」(エキスパート)vs 無料路線検索−2

「駅すぱあと」(エキスパート)に絡めて
少しマイナーな(?)電車時刻表もご紹介します。


「駅すぱあと」(エキスパート)vs ジョルダン駅名入力検索

検索結果から「空席照会」までいけるのが便利です。
「空席照会」から予約までいくには登録なども必要ですので
使っている人には使える機能と言えますね。

細かい検索指定には対応していないのがネックになっているので
イロイロ細かく指定して検索したい私は、路線検索には使いませんが
関連駅の駅弁情報がわかるのはポイント高いです。


「駅すぱあと」(エキスパート)vs えきから時刻表

一番始めの検索には細かい指定はできなくても
検索結果の画面一番下に出てくる【オプション】を活用すれば
そこそこの結果が得られます。

【オプション】活用が前提なので二度手間になるのがネックでしょうか?


「駅すぱあと」(エキスパート)vs Infoseek乗換案内

これも検索駅の履歴が残っているので同じ区間を何度も調べるのに便利。
もちろん終電や時刻表検索にも対応しています。

goo路線とほぼ同じ機能が揃っているので
あとはインターフェースの好みの問題でしょうか。

強いて言えば
goo路線では経由駅の履歴が残らない
goo路線では運行情報も提供されている
この辺りで使い分けをしていくとよいと思います。


この中での個人的評価としては駅弁情報のジョルダン駅名入力検索かも^^;

「駅すぱあと」(エキスパート)vs 無料路線検索−3


今回もちゃんと「駅すぱあと」(エキスパート)ネタです。
「駅すぱあと」(エキスパート)vs 無料路線検索の比較で忘れていたことがありました。


今回のポイントは料金(運賃)比較。


うちの会社の経理はかなり詰めが甘いので思い出したネタです。
「駅すぱあと」(エキスパート)を導入するつもりはないらしく・・・・・・
インターネットの無料路線検索をたま〜に使っているだけの様子。
(何使っているんでしょうね?)

出張申請なんて適当に金額書いても通ってますから!
さすがに、同じ行先に3人で出張するのに3人とも金額が違っても
そのまま経理が通したのは驚きでしたが。

出張の多いうちの会社、「駅すぱあと」(エキスパート)導入したら
相当経費が削減できそうな気がしますよ。


無料路線検索のネックと言えば、新幹線や特急料金のグリーン席料金・指定席
料金・自由席料金の区別が分かりにくいことがあるのではないでしょうか?

少し油断していたら普通に指定席料金が表示されますよね?
指定席料金把握しておくほうが無難かもですけれど。

「駅すぱあと」(エキスパート)なら、グリーン席料金・指定席料金・自由席料金
それぞれの場合での運賃がいくらかがとても分かりやすいです。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集